勝負は五分五分、好調な経済にも関わらずトランプ氏の低い支持率

(2020年1月23日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during an event on prayer in public schools, in the Oval Office of the White House, Thursday, Jan. 16, 2020, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Stephen Dinan and S.A. Miller – The Washington Times – Sunday, January 19, 2020

 トランプ政権下で、雇用状況は過去にないほど良好だ。経済成長も申し分なく、ガソリン価格は低めで、株価は上昇、戦闘で死亡する米兵は減少、連邦刑務所の囚人は減少している。

 どれを見ても有権者にアピールできるものであり、特に過去の政権と比較すれば、その違いは歴然としている。

 しかし、就任4年目の再選の年に入って、支持率はなぜか、同じ時期のオバマ大統領、ブッシュ(子)大統領よりも低く、オッズメーカーは、再選の確率はよくて五分五分と指摘している。

 この謎が、トランプ氏の補佐官らを悩ませ、反トランプ派を勢い付かせている。反トランプ派は、40年ぶりに再選に失敗した大統領になることを期待している。

 一部では、トランプ氏を嫌うマスコミからの不当な扱いが原因という見方もある。

 共和党のパージニア・フォックス下院議員(ノースカロライナ州)は、・・・

(残り2120文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース