勝負は五分五分、好調な経済にも関わらずトランプ氏の低い支持率

(2020年1月23日)


 トランプ政権下で、雇用状況は過去にないほど良好だ。経済成長も申し分なく、ガソリン価格は低めで、株価は上昇、戦闘で死亡する米兵は減少、連邦刑務所の囚人は減少している。

 どれを見ても有権者にアピールできるものであり、特に過去の政権と比較すれば、その違いは歴然としている。

 しかし、就任4年目の再選の年に入って、支持率はなぜか、同じ時期のオバマ大統領、ブッシュ(子)大統領よりも低く、オッズメーカーは、再選の確率はよくて五分五分と指摘している。

 この謎が、トランプ氏の補佐官らを悩ませ、反トランプ派を勢い付かせている。反トランプ派は、40年ぶりに再選に失敗した大統領になることを期待している。

 一部では、トランプ氏を嫌うマスコミからの不当な扱いが原因という見方もある。

 共和党のパージニア・フォックス下院議員(ノースカロライナ州)は、・・・ (残り2120文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース