トランプの法律チームが作成した文書「何一つ違法なことはない」

(2020年1月24日)

In this Saturday, Jan. 28, 2017, file photo, President Donald Trump speaks on the telephone with Australian Prime Minister Malcolm Turnbull in the Oval Office of the White House in Washington. (AP Photo/Alex Brandon, File)


By Dave Boyer and Alex Swoyer – The Washington Times – Monday, January 20, 2020

 トランプ米大統領の法務チームは20日、上院に対し、大統領の弾劾裁判の前夜に弾劾訴追決議を「迅速に否決」するよう促した。トランプ氏はウクライナに対する軍事援助に関して罪を犯しておらず、下院民主党は2016年大統領選を無効にするため「危険な」訴追を推し進めたと主張した。

 大統領の弁護士は、110ページの準備書面で、民主党が弾劾訴追の根拠とする「権力濫用」と「議会妨害」は十分な論拠を持たず、「薄っぺら」な弾劾訴追決議はトランプ氏を解任するに値しないと述べた。

 「下院民主党は、2016年の選挙の結果を覆し、2020年の選挙に干渉するための政治的道具として、究極の手段である弾劾を悪用する方法をなんとか見出そうと当初から決意していた」と弁護士は述べた。「それはすべて、上院が迅速かつ全面的に非難すべき憲法の危険な誤用だ」。

 歴史上の3回目となる米大統領の弾劾裁判は、本格的な審理が上院で21日に始まる。多数派の共和党は、民主党下院議員が務める弾劾訴追人による冒頭陳述から始まるスケジュールを設定した。

 大統領弁護団に協力している情報筋は、弁護団は下院民主党議員が弾劾の論拠を提示した後、弾劾決議の迅速な否決を求める計画を立てていると述べた。

 トランプ氏は裁判で宣誓証人としては現れないが、・・・

(残り4889文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース