トランプの法律チームが作成した文書「何一つ違法なことはない」

(2020年1月24日)


 トランプ米大統領の法務チームは20日、上院に対し、大統領の弾劾裁判の前夜に弾劾訴追決議を「迅速に否決」するよう促した。トランプ氏はウクライナに対する軍事援助に関して罪を犯しておらず、下院民主党は2016年大統領選を無効にするため「危険な」訴追を推し進めたと主張した。

 大統領の弁護士は、110ページの準備書面で、民主党が弾劾訴追の根拠とする「権力濫用」と「議会妨害」は十分な論拠を持たず、「薄っぺら」な弾劾訴追決議はトランプ氏を解任するに値しないと述べた。

 「下院民主党は、2016年の選挙の結果を覆し、2020年の選挙に干渉するための政治的道具として、究極の手段である弾劾を悪用する方法をなんとか見出そうと当初から決意していた」と弁護士は述べた。「それはすべて、上院が迅速かつ全面的に非難すべき憲法の危険な誤用だ」。

 歴史上の3回目となる米大統領の弾劾裁判は、本格的な審理が上院で21日に始まる。多数派の共和党は、民主党下院議員が務める弾劾訴追人による冒頭陳述から始まるスケジュールを設定した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース