民主党の「討論会」の瓦解ぶり

(2020年1月27日)

Democratic presidential candidate Sen. Elizabeth Warren, D-Mass., left and Sen. Bernie Sanders, I-Vt., talk Tuesday, Jan. 14, 2020, after a Democratic presidential primary debate hosted by CNN and the Des Moines Register in Des Moines, Iowa. Candidate businessman Tom Steyer looks on. (AP Photo/Patrick Semansky)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, January 15, 2020

 火曜日の夜、ミルウォーキーのウィスコンシン大学パンサーアリーナの大会で、沸き立つ聴衆に向けてトランプ氏は楽観論に満ちた演説を行ったが、その最後の30分は、アイオワ州デモインのドレイク大学に集まった民主党員らの陰気で、やたら悲観的な2時間余の討論会と重なった。

 ほぼ同時に起きたとは言え、その二つのイベントにはほとんど共通点はなかった。それは、あたかも、大統領と彼の反対者は、国の状況や、世界を、望遠鏡の反対側から見ているかのようであった。

 トランプ氏は、給料や株式市場が上昇する一方で、失業や、貧困が減少して、経済の好転を喜んでいたが、民主党の彼の敵対者らは、エリザベス・ウォーレン上院議員の言葉を借りれば、「ことほど、さように、この国は分断しているのだ」というほど、惨めだった。

 マサチューセッツ州選出のその民主党員は・・・

(残り1382文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース