トランプ氏、パレスチナ和平案公表へ

(2020年1月28日)

In this March 25, 2019, file photo, President Donald Trump welcomes visiting Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu to the White House in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta, File)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Thursday, January 23, 2020

 トランプ大統領は23日、イスラエルのネタニヤフ首相の来週の訪米に先立ち、イスラエル・パレスチナ和平案を公表する意向を明らかにした。

 トランプ氏は大統領専用機上で、和平案は成功するが、パレスチナ側には「手短に」しか話していないと述べた。

 「和平案に取り組む誘因はたくさんある。最初は拒否することは分かっているが、パレスチナにとって非常に有益なものだ」

 イスラエルとパレスチナ間の対立を解消することは、・・・

(残り243文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米国の共産主義・マルクス主義運動はバイデン氏を全面支持

(2020年08月13日)

メディアへの不信、憂慮すべき水準に

(2020年08月12日)

共和議員、バイデン氏の副大統領候補の1人バス氏をカストロの賛同者と非難

(2020年08月11日)

米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年08月10日)

バイデンの副大統領候補であるカレン・バス、2010年のサイエントロジー講演での発言で苦慮

(2020年08月09日)

北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年08月07日)

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年08月05日)

トランプ陣営、世論調査は不正確と主張

(2020年08月03日)

経済対策で共和党分裂も、保守派がトランプ氏に警告

(2020年07月31日)

トランプ陣営の新選対本部長「長く激しい戦いになる」

(2020年07月30日)
→その他のニュース