トランプ氏、大統領として初めて中絶反対集会で演説

(2020年1月29日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump speaks at a March for Life rally, Friday, Jan. 24, 2020, on the National Mall in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Sophie Kaplan – The Washington Times – Friday, January 24, 2020

 トランプ大統領は24日、ワシントンで行われた「マーチ・フォー・ライフ(命のための行進)」に米大統領として初めて参加し、数千人を前に、「これほど、生まれる前の子供たちを守った大統領はかつていない」と語り、就任後に数々のプロライフ(中絶反対)のための政策を実施してきたことを誇った。

 「子宮の中の胎児の画像を見ると、神の創造の偉大さを垣間見ることができる。新たな命を腕に抱く時、子供たち一人ひとりが家族にもたらす無限の愛を知る。子供が成長するのを見る時、一人ひとりの魂が発する輝きを目にする。一つの命が世界を変える。私の家族から、たしかに、愛を、大きな大きな愛を送る」

 トランプ氏を迎えた何千人もの集会参加者らは、「あと4年」「USA(ユーエスエー)」と気勢を上げた。

 トランプ氏は、「残念なことに左派は、神が与えた権利を消し去ろうと積極的に活動し、信仰に基づく慈しみの愛を捨て去り、信徒らを公共の広場から追いやり、命の尊さを信じる米国民を黙らせている」と語った。

 トランプ氏は演説で、中絶を行う非政府組織(NGO)への公的資金の提供を禁止する「メキシコシティー政策」を復活させたこと、・・・

(残り2608文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)

トランプ氏、オバマ政権時のFBI高官にフリン氏への謝罪要求

(2020年07月02日)

共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年07月01日)

トランプ氏:ボルトン氏は犯罪者「収監されるべき」

(2020年06月30日)

ホワイトハウス、ベネズエラ政策に変化はない

(2020年06月29日)

独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年06月27日)

米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年06月26日)

トランプ氏、選挙集会を再開「サイレントマジョリティーがかつてないほど強い」

(2020年06月25日)

米地裁、ボルトン氏回想録の差し止めを棄却

(2020年06月24日)

トランプ氏、バイデン氏の弱点は失態、失言、物忘れ

(2020年06月23日)
→その他のニュース