トランプ氏、大統領として初めて中絶反対集会で演説

(2020年1月29日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump speaks at a March for Life rally, Friday, Jan. 24, 2020, on the National Mall in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Sophie Kaplan – The Washington Times – Friday, January 24, 2020

 トランプ大統領は24日、ワシントンで行われた「マーチ・フォー・ライフ(命のための行進)」に米大統領として初めて参加し、数千人を前に、「これほど、生まれる前の子供たちを守った大統領はかつていない」と語り、就任後に数々のプロライフ(中絶反対)のための政策を実施してきたことを誇った。

 「子宮の中の胎児の画像を見ると、神の創造の偉大さを垣間見ることができる。新たな命を腕に抱く時、子供たち一人ひとりが家族にもたらす無限の愛を知る。子供が成長するのを見る時、一人ひとりの魂が発する輝きを目にする。一つの命が世界を変える。私の家族から、たしかに、愛を、大きな大きな愛を送る」

 トランプ氏を迎えた何千人もの集会参加者らは、「あと4年」「USA(ユーエスエー)」と気勢を上げた。

 トランプ氏は、「残念なことに左派は、神が与えた権利を消し去ろうと積極的に活動し、信仰に基づく慈しみの愛を捨て去り、信徒らを公共の広場から追いやり、命の尊さを信じる米国民を黙らせている」と語った。

 トランプ氏は演説で、中絶を行う非政府組織(NGO)への公的資金の提供を禁止する「メキシコシティー政策」を復活させたこと、・・・

(残り2608文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース