党派的闘争が動機の弾劾裁判

(2020年2月1日)

Photo by: J. Scott Applewhite / The Capitol is seen in Washington, early Wednesday, Jan. 15, 2020, as the House is set to vote to send the articles of impeachment against President Donald Trump to the Senate for a landmark trial on whether the charges of abuse of power and obstruction of Congress are grounds for his removal. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By THE WASHINGTON TIMES – – Monday, January 20, 2020
ANALYSIS/OPINION:

 容赦ない敵対者らは、トランプ大統領を弾劾することに決めたが、作成された弾劾条項が裁かれるべく、上院に送付された。この時、彼らは、合衆国憲法と、米国人の良識の二つを土台に創られた司法制度に対する修復不可能な損傷へのドアを開くことになるのである。

 合衆国憲法の最初の起草者らは「(殺人、強盗などの)大罪や不品行」を犯した場合に、大統領を排除する法手続きを設けていたのである。彼らは、現在進行中の第116回連邦議会のプロセスを認めることはないだろう。

 ナンシー・ペロシ下院議長の指導の下、民主党員らは、トランプ大統領の大統領選勝利に歯ぎしりばかりしていることをやめて、党員らを大統領の大胆不敵な統治方式にストップをかけることへ方向転換をさせることにした。

 最後の望みとして取り上げたのが、政敵、ジョー・バイデン(前副大統領)とその息子、ハンターの捜査を、ウクライナ側に要求したことに対して同意を得ようとした件や、米国の軍事支援供与とが絡んでいるとされる件など、トランプ大統領とウォロディミール・ゼレンスキー・ウクライナ大統領とが関係したとうわさされる汚職疑惑であった。

 かくして、大統領追い出し作戦が、本格的に始められたのである。

 権力の乱用と、連邦議会の妨害が訴因とされ、・・・

(残り1356文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース