党派的闘争が動機の弾劾裁判

(2020年2月1日)


 容赦ない敵対者らは、トランプ大統領を弾劾することに決めたが、作成された弾劾条項が裁かれるべく、上院に送付された。この時、彼らは、合衆国憲法と、米国人の良識の二つを土台に創られた司法制度に対する修復不可能な損傷へのドアを開くことになるのである。

 合衆国憲法の最初の起草者らは「(殺人、強盗などの)大罪や不品行」を犯した場合に、大統領を排除する法手続きを設けていたのである。彼らは、現在進行中の第116回連邦議会のプロセスを認めることはないだろう。

 ナンシー・ペロシ下院議長の指導の下、民主党員らは、トランプ大統領の大統領選勝利に歯ぎしりばかりしていることをやめて、党員らを大統領の大胆不敵な統治方式にストップをかけることへ方向転換をさせることにした。

 最後の望みとして取り上げたのが、政敵、ジョー・バイデン(前副大統領)とその息子、ハンターの捜査を、ウクライナ側に要求したことに対して同意を得ようとした件や、米国の軍事支援供与とが絡んでいるとされる件など、トランプ大統領とウォロディミール・ゼレンスキー・ウクライナ大統領とが関係したとうわさされる汚職疑惑であった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース