トランプ大統領、イスラエルのネタニアフ首相と中東和平案を発表、パレスチナに条件提示

(2020年2月3日)

Photo by: Susan Walsh / President Donald Trump, right, looks over to Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu, left, during an event in the East Room of the White House in Washington, Tuesday, Jan. 28, 2020, to announce the Trump administration’s much-anticipated plan to resolve the Israeli-Palestinian conflict. (AP Photo/Susan Walsh)


By Tom Howell Jr. and Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, January 28, 2020

 トランプ大統領は28日、待望の中東和平案を公表した。ヨルダン国境付近を含む、ヨルダン川西岸の一部へのイスラエルの支配を認める一方で、最終的にはパレスチナの独立を、テロの放棄などの条件を満たした場合に、認める内容となっている。

 オマーン、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)など一部のアラブ主要国が、ホワイトハウスで発表の場に大使を送り、和平案への支持を示したが、パレスチナ自治政府の代表は参加せず、パレスチナ指導部の反応は総じて、怒りと失望だった。

 その他の国々の反応は、慎重で、中立的だ。エジプト当局者は、トランプ政権の取り組みを歓迎、パレスチナに和平案を慎重に検討するよう求めた。一方ヨルダンは、懐疑的で、イスラエルが「パレスチナの土地を併合」しないよう警告、西岸全域をパレスチナ領とする1967年の境界線に立ち戻ることを要求した。トランプ政権の主要同盟国の一つ、サウジアラビアは、慎重な中立の姿勢を取り、トランプ政権の取り組みに「感謝」を表明、イスラエルとパレスチナとの間の直接交渉を呼び掛けた。

 ホワイトハウスで、イスラエルのネタニヤフ首相を伴って登場したトランプ氏は、80ページに上る和平案は、「現実的な二国家解決」と「領土的譲歩」を提示しており、何十年もの間、解決を阻んできた問題に対処していると主張した。

 和平案は、・・・

(残り3086文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース