ポンペオ国務長官、ロンドン訪問でファーウェイの5G採用に圧力をかける

(2020年2月4日)

Photo by: Kevin Lamarque / U.S. Secretary of State Mike Pompeo speaks to reporters aboard his plane en route to London, Wednesday Jan. 29, 2020. Pompeo, is due to arrive in London Wednesday to meet British Prime Minister Boris Johnson and other officials.(Kevin Lamarque/Pool via AP)


By Guy Taylor – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 ポンペオ国務長官は29日、英国が中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の次世代通信規格「5G」網への参入を容認する決定を下したことに不満を表明、「英国にはまだ、見直すチャンスがある」と主張した。

 ポンペオ氏は、事前の予定通り、29日にロンドンに到着、同行記者団に、トランプ政権はファーウェイ問題で「英国と協力する」と述べたが、「すでに下した決定とは違う決定を下すよう促す」と強調した。

 「英国が何を許可し、何を許可しないかは正確には分からない。状況を把握するには少し時間が必要だ。しかし、西側のルールに則った西側のシステムが必要だと思っており、米国の情報は、信頼できるネットワークを通じてのみ伝えられるべきだ」

 この発言があったのは、・・・

(残り856文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース