アフリカ駐留米軍縮小に専門家ら警鐘

(2020年2月5日)

In this photo taken Feb. 24, 2018 and released by the U.S. Air Force, U.S. Air Force Lt. Col. Vance Goodfellow, left, 475th Expeditionary Air Base Squadron (EABS) commander, and U.S. Army Lt. Col. Todd Martin, safety officer assigned to the Combined Joint Task Force – Horn of Africa (CJTF-HOA) Safety directorate, look at trees that are being cleared during a battlefield circulation site visit at Camp Simba, Manda Bay, Kenya. The al-Shabab extremist group said Sunday, Jan. 5, 2020 that it has attacked the Camp Simba military base used by U.S. and Kenyan troops in coastal Kenya, while Kenya’s military says the attempted pre-dawn breach was repulsed and at least four attackers were killed. (Staff Sgt. Timothy Moore/U.S. Air Force via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 国防総省のアフリカ駐留軍削減計画が強い反対に遭っている。欧米各国のアフリカ専門家、軍情報筋らは、削減によって、アフリカ大陸を切り刻むことを目指すテロ組織の復活を促進することになると警鐘を鳴らす。

 エスパー国防長官は今週、改めて、アフリカに駐留する約5000人の米兵の削減を検討していることを明らかにした。中国封じ込めのため太平洋地域に軍事力をシフトする大規模な方針転換の一環だ。当局者らは、配備見直しは依然、検討中であることを明らかにした。

 一方、アフリカでのテロ攻撃を受けて、統治能力の弱い各国政府は動揺している。ケニアでは、イスラム過激派アルシャバーブによる軍事基地攻撃で米国人3人が死亡したばかりだ。

 ニジェール、マリ、ブルキナファソなど、アフリカの不毛なサヘル地域でのテロは、それ以上に激しく、専門家らは、世界で特に肥沃なテロの温床の一つになったと指摘している。

 アルシャバーブは主に東アフリカで活動しているが、サハラ砂漠南部サヘル地域では、「イスラム国」(IS)、アルカイダ、「イスラム教とイスラム教徒の守護者(JNIM)」などによるテロが増加している。

 これらの組織の多くは、・・・

(残り735文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース