アフリカ駐留米軍縮小に専門家ら警鐘

(2020年2月5日)


 国防総省のアフリカ駐留軍削減計画が強い反対に遭っている。欧米各国のアフリカ専門家、軍情報筋らは、削減によって、アフリカ大陸を切り刻むことを目指すテロ組織の復活を促進することになると警鐘を鳴らす。

 エスパー国防長官は今週、改めて、アフリカに駐留する約5000人の米兵の削減を検討していることを明らかにした。中国封じ込めのため太平洋地域に軍事力をシフトする大規模な方針転換の一環だ。当局者らは、配備見直しは依然、検討中であることを明らかにした。

 一方、アフリカでのテロ攻撃を受けて、統治能力の弱い各国政府は動揺している。ケニアでは、イスラム過激派アルシャバーブによる軍事基地攻撃で米国人3人が死亡したばかりだ。

 ニジェール、マリ、ブルキナファソなど、アフリカの不毛なサヘル地域でのテロは、それ以上に

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース