トランプ氏:ボルトン氏を解任していなかったら「第6次大戦」になっていた

(2020年2月6日)

In this May 22, 2018, file photo, U.S. President Donald Trump, left, meets with South Korean President Moon Jae-In in the Oval Office of the White House in Washington, as then-National Security Adviser John Bolton, right, watches. Trump says he fired national security adviser John Bolton, says they “disagreed strongly” on many issues. (AP Photo/Evan Vucci, File)


By Dave Boyer – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 トランプ大統領は29日、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)は判断力がなく、解任されなければ、米国は「第6次世界大戦」に突入していたと述べた。

 トランプ氏の非難を受けたボルトン氏については、民主党がトランプ氏の弾劾裁判で証言することを求めている。ボルトン氏は、本を執筆、報道によるとその中で、民主党候補ジョセフ・バイデン氏の息子の汚職を調査させるためにウクライナへの軍事援助を凍結したというトランプ氏弾劾の理由を裏付ける内容が指摘している。

 トランプ氏は一連のツイートで、・・・

(残り513文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース