トランプ氏:ボルトン氏を解任していなかったら「第6次大戦」になっていた

(2020年2月6日)

In this May 22, 2018, file photo, U.S. President Donald Trump, left, meets with South Korean President Moon Jae-In in the Oval Office of the White House in Washington, as then-National Security Adviser John Bolton, right, watches. Trump says he fired national security adviser John Bolton, says they “disagreed strongly” on many issues. (AP Photo/Evan Vucci, File)


By Dave Boyer – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 トランプ大統領は29日、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)は判断力がなく、解任されなければ、米国は「第6次世界大戦」に突入していたと述べた。

 トランプ氏の非難を受けたボルトン氏については、民主党がトランプ氏の弾劾裁判で証言することを求めている。ボルトン氏は、本を執筆、報道によるとその中で、民主党候補ジョセフ・バイデン氏の息子の汚職を調査させるためにウクライナへの軍事援助を凍結したというトランプ氏弾劾の理由を裏付ける内容が指摘している。

 トランプ氏は一連のツイートで、・・・

(残り513文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)
→その他のニュース