米民主党指名争い、サンダース氏が最新世論調査でバイデン氏を抜きトップに

(2020年2月7日)

Photo by: John Locher / Democratic presidential candidate Sen. Bernie Sanders, I-Vt., speaks at a campaign rally Sunday, Jan. 26, 2020, in Sioux City, Iowa. (AP Photo/John Locher)


By Seth McLaughlin and Stephen Dinan – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 「バーニー浮上」とか「社会主義者が急上昇」などと呼んでもいいが、民主党の大統領候補指名争いでバーナード・サンダース上院議員があっという間に最有力候補の地位を奪いつつあることは、もはや否定できない状況だ。

 ニューハンプシャー、アイオワ、カリフォルニアの各州で、ジョゼフ・バイデン前副大統領がバーモント州選出のサンダース氏にトップの座を明け渡した。サンダース氏は自身のことを民主党員であるとさえ言っていない。

 すべての政界関係者が心に抱く新たな疑問は、サンダース氏がこのリードを保てるのかどうかだ。

 元民主党下院議員のデニス・クシニッチ氏は、サンダース氏について、イデオロギーの高まりをうまく活用していると指摘した。クシニッチ氏は、国民皆保険や反戦姿勢を打ち出して2004年、08年の大統領選に出馬した経験がある。

 「サンダース氏が実証したのは、草の根組織、草の根資金集めのパワーだ」と、クシニッチ氏は語った。「これは予備選序盤でサンダース氏を押し上げるだろう。問題は(予備選が集中する3月3日の)スーパーチューズデーでどうなるかだ」

 サンダース氏の台頭は、驚くべきものだ。

 1週間前、サンダース氏はアイオワ州で、・・・

(残り919文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース