米民主党指名争い、サンダース氏が最新世論調査でバイデン氏を抜きトップに

(2020年2月7日)

Photo by: John Locher / Democratic presidential candidate Sen. Bernie Sanders, I-Vt., speaks at a campaign rally Sunday, Jan. 26, 2020, in Sioux City, Iowa. (AP Photo/John Locher)


By Seth McLaughlin and Stephen Dinan – The Washington Times – Wednesday, January 29, 2020

 「バーニー浮上」とか「社会主義者が急上昇」などと呼んでもいいが、民主党の大統領候補指名争いでバーナード・サンダース上院議員があっという間に最有力候補の地位を奪いつつあることは、もはや否定できない状況だ。

 ニューハンプシャー、アイオワ、カリフォルニアの各州で、ジョゼフ・バイデン前副大統領がバーモント州選出のサンダース氏にトップの座を明け渡した。サンダース氏は自身のことを民主党員であるとさえ言っていない。

 すべての政界関係者が心に抱く新たな疑問は、サンダース氏がこのリードを保てるのかどうかだ。

 元民主党下院議員のデニス・クシニッチ氏は、サンダース氏について、イデオロギーの高まりをうまく活用していると指摘した。クシニッチ氏は、国民皆保険や反戦姿勢を打ち出して2004年、08年の大統領選に出馬した経験がある。

 「サンダース氏が実証したのは、草の根組織、草の根資金集めのパワーだ」と、クシニッチ氏は語った。「これは予備選序盤でサンダース氏を押し上げるだろう。問題は(予備選が集中する3月3日の)スーパーチューズデーでどうなるかだ」

 サンダース氏の台頭は、驚くべきものだ。

 1週間前、サンダース氏はアイオワ州で、・・・

(残り919文字)

Trump Central Review【定期購読】


コロナに政治は通用しない

(2020年04月04日)

ソーシャルメディアで独創的な選挙運動をする候補者たち

(2020年04月03日)

ファーウェイのスパイ活動阻止へ新法

(2020年04月02日)

コーク財団ネットワークと保守系学生団体が火花を散らす

(2020年04月01日)

トランプ大統領、コロナウイルス対策で支持率向上、ギャロップ社調査

(2020年03月31日)

ポンペオ長官、和平交渉推進へアフガン訪問

(2020年03月30日)

トランプ氏、FRB議長に異例の称賛

(2020年03月29日)

バイデン、トランプ政権のコロナウイルス対策が遅すぎると批判

(2020年03月28日)

トランプ氏攻撃に向けられる「民主の裏金」

(2020年03月27日)

ペンス氏の新型コロナ対応をメディアが高評価

(2020年03月26日)
→その他のニュース