希望を託せる中東取引

(2020年2月8日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump gives thumbs-up as he arrives to speak at an event at the White House to sign a new North American trade agreement with Canada and Mexico, Wednesday, Jan. 29, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, January 29, 2020
ANALYSIS/OPINION:

 世の中は、取引に次ぐ取引で成り立っている。トランプ大統領の言葉によれば「かつてない、最高にやり難いような交渉」に挑戦しなければ、その人は最強の交渉人と主張できないことになる。

 それで、彼は挑戦しているのだ――つまり、イスラエル相手の、別個のパレスチナ国家樹立のための崖っぷちを行くような、終わりなき紛争に見えるものに、終止符を打とうとしているのだ。過去の失敗続きの長い歴史があるにもかかわらず今回は、希望を託せる理由がある。

 大統領は火曜日に、ホワイトハウスのイーストルームに群れをなして集まった支持者の前で、ベンジャミン・ネタニヤフ・イスラエル首相と並んで、隣国パレスチナを誕生させる2国家共存式解決法の「ビジョン」を発表した。「イスラエルとパレスチナ人との間の平和をつくり上げることは、難問中の難問で、最高に困難なチャレンジかもしれないが、私は、細かいことのためとか、大問題を避けるために選ばれたわけでもなかったのだ」とトランプ氏は言った。

 80ページの和平案は新しいパレスチナ国家樹立の主たる細部を説明しており、・・・

(残り1394文字)

Trump Central Review【定期購読】


タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)

トランプ氏、オバマ政権時のFBI高官にフリン氏への謝罪要求

(2020年07月02日)

共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年07月01日)

トランプ氏:ボルトン氏は犯罪者「収監されるべき」

(2020年06月30日)

ホワイトハウス、ベネズエラ政策に変化はない

(2020年06月29日)

独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年06月27日)

米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年06月26日)
→その他のニュース