希望を託せる中東取引

(2020年2月8日)

Photo by: Alex Brandon / President Donald Trump gives thumbs-up as he arrives to speak at an event at the White House to sign a new North American trade agreement with Canada and Mexico, Wednesday, Jan. 29, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, January 29, 2020
ANALYSIS/OPINION:

 世の中は、取引に次ぐ取引で成り立っている。トランプ大統領の言葉によれば「かつてない、最高にやり難いような交渉」に挑戦しなければ、その人は最強の交渉人と主張できないことになる。

 それで、彼は挑戦しているのだ――つまり、イスラエル相手の、別個のパレスチナ国家樹立のための崖っぷちを行くような、終わりなき紛争に見えるものに、終止符を打とうとしているのだ。過去の失敗続きの長い歴史があるにもかかわらず今回は、希望を託せる理由がある。

 大統領は火曜日に、ホワイトハウスのイーストルームに群れをなして集まった支持者の前で、ベンジャミン・ネタニヤフ・イスラエル首相と並んで、隣国パレスチナを誕生させる2国家共存式解決法の「ビジョン」を発表した。「イスラエルとパレスチナ人との間の平和をつくり上げることは、難問中の難問で、最高に困難なチャレンジかもしれないが、私は、細かいことのためとか、大問題を避けるために選ばれたわけでもなかったのだ」とトランプ氏は言った。

 80ページの和平案は新しいパレスチナ国家樹立の主たる細部を説明しており、・・・

(残り1394文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース