トランプ氏、弾劾を乗り切り支持率上昇

(2020年2月11日)


 トランプ米大統領の弾劾裁判は5日、上院で無罪評決が下された。民主党アイオワ州党員集会の混乱や大統領の一般教書演説など、ここ数日、トランプ氏にとって目まぐるしく続いていた政治的幸運がまた加わった格好だ。民主党内からは、トランプ氏が再選に向けて勢いづいていることに懸念が出ている。

 この3日間、トランプ氏は共和党アイオワ州党員集会で現職大統領としては記録的な投票数を獲得したのに対し、民主党は勝者が決まらないどころか、投票を数えることさえできない状態だった。一般教書演説では、トランプ氏が中間層のニーズに焦点を当てた演説を行ったの対し、民主党はやじを飛ばし、ナンシー・ペロシ下院議長は演説原稿を破ったことを非難された。

 そして、5日午後、弾劾裁判は共和党が過半数を占める上院で無罪評決が下されて終結した。評決は初めから分かり切っている結果だったが、選挙運動を加速させるトランプ氏にとっては、ようやくこの問題を忘れることができる。・・・ (残り885文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース