ボストン大学学生を装った中国人女性スパイとは

(2020年2月13日)


 女性中国軍将校が、ボストン大学の学生になりすましてスパイ活動を行ったとして訴追されたが、連邦捜査局(FBI)捜査官から人民解放軍(PLA)との関係について尋問を受けた後、国外に逃れていた。

 PLAの葉燕青・中尉は、ハーバード大学化学部のチャールズ・リーバー学部長が関与としていた別の刑事事件で訴追されていた。リーバー被告は1月28日に逮捕され、武漢理工大学から数万㌦の資金を受け取っていたことについてうそをつき、外国からの資金について国防総省に虚偽の報告をしたとして訴追された。

 葉被告の他に2人のPLA幹部が関与しており、これは、外国人専門家を取り込むための中国政府の大規模な計画に中国軍が関わっていることを示している。

 先月、逮捕された3人目の中国国籍保有者、鄭早松被告は、生物学の実験サンプルを密輸しようとしたとして訴追された。鄭被告は、ボストンのベス・イスラエル・メディカル・センターの研究者として働いていた。

 裁判所の文書によると葉被告は、・・・ (残り1039文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース