ボストン大学学生を装った中国人女性スパイとは

(2020年2月13日)

Photo by: Susan Walsh / In this June 29, 2019, file photo, President Donald Trump, left, meets with Chinese President Xi Jinping during a meeting on the sidelines of the G-20 summit in Osaka, Japan. President Trump on Jan. 9, 2020, suggested that the balance of a far-reaching trade deal with China might be put off until after the 2020 election. (AP Photo/Susan Walsh, File)


By Bill Gertz – The Washington Times – Saturday, February 1, 2020

 女性中国軍将校が、ボストン大学の学生になりすましてスパイ活動を行ったとして訴追されたが、連邦捜査局(FBI)捜査官から人民解放軍(PLA)との関係について尋問を受けた後、国外に逃れていた。

 PLAの葉燕青・中尉は、ハーバード大学化学部のチャールズ・リーバー学部長が関与としていた別の刑事事件で訴追されていた。リーバー被告は1月28日に逮捕され、武漢理工大学から数万㌦の資金を受け取っていたことについてうそをつき、外国からの資金について国防総省に虚偽の報告をしたとして訴追された。

 葉被告の他に2人のPLA幹部が関与しており、これは、外国人専門家を取り込むための中国政府の大規模な計画に中国軍が関わっていることを示している。

 先月、逮捕された3人目の中国国籍保有者、鄭早松被告は、生物学の実験サンプルを密輸しようとしたとして訴追された。鄭被告は、ボストンのベス・イスラエル・メディカル・センターの研究者として働いていた。

 裁判所の文書によると葉被告は、・・・

(残り1039文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース