中道派のブティジェッジ、政策は左派の王道

(2020年2月16日)


 ピート・ブティジェッジ氏は、中道リベラル派として民主党大統領選候補の有力候補に浮上した。しかし、同氏の政策はほとんど無制限の中絶権やバラク・オバマ元大統領ですら赤面するほどの支出計画を含んでおり、必ずしも中道路線と言えるものではない。

 ブティジェッジ氏は、軍隊仕様のライフルの没収は行き過ぎだと主張した。しかしその一方ですべての銃器所有を許可制とすることを主張しており、銃器所持賛成派はこれを没収への第一歩と見ている。

 ブティジェッジ氏はまた、急進左派の「メディケア・フォー・オール」のような政府による健康保険の支配までは至らないが、公的医療保険の導入を提案しており、陣営はそれが単一支払人制度への道を開くものであることを認めている。

 ブティジェッジ氏は連邦政府の財政赤字問題に取り組むことについて語るが、一部のアナリストが経済成長を鈍化すると警告する富裕層への増税や炭素税の導入などリベラルな政策を提案している。

 ブティジェッジ氏は、不法入国者を非犯罪化することは、行き過ぎだと述べた。代わりに、・・・ (残り3730文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース