サンダースがリバタリアン団体のキャンペーン名を盗用し、問題化

(2020年2月18日)

Photo by: Matt Rourke / Democratic presidential candidate Sen. Bernie Sanders, I-Vt., greets supporters at a primary night election rally in Manchester, N.H., Tuesday, Feb. 11, 2020. (AP Photo/Matt Rourke)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Thursday, February 13, 2020

 「ヤング・アメリカンズ・フォー・リバティー(YAL、自由のための若い米国人)」は、大統領選でサンダース陣営が、YALが草の根で実施してきた戸別訪問戦略を奪ったと主張している。

 YALのクリフ・マロニー会長は、民主党の大統領候補指名を目指すサンダース陣営がYALの同意なく、YALの「オペレーション・ウィン・アト・ザ・ドア(玄関で勝つ作戦)」を使って、携帯のショートメッセージを通じて草の根の戸別訪問者らを勧誘していると指摘した。

 「バーニー陣営は、YALのオペレーション・ウィン・アト・ザ・ドアを使ってショートメッセージで戸別訪問者を勧誘している。この方法を確立するのに3年間かかった。玄関で有権者に直接接する私たちの戦略がどれほど大きな影響を選挙に与えているかを考えるべきだ」

 ワシントン・タイムズは複数のメッセージを入手、・・・

(残り560文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース