トランプ大統領は既にサンダースを倒している、それは何故か

(2020年2月20日)

Photo by: Pablo Martinez Monsivais Democratic presidential candidate Sen. Bernard Sanders is the front-runner for the nomination, but the underlying numbers suggest he’s lost support. (Associated Press)


By Charles Hurt – The Washington Times – Thursday, February 13, 2020

 ANALYSIS/OPINION:【ニューヨーク】トランプ大統領はすでにバーナード・サンダース上院議員を破ったといえるのではないだろうか。

 4年前、バーニー・ブロ(サンダース氏の支持者)らがアイオワ州を席巻し、民主党の党員集会を乗っ取った。

 党の幹部らはすでに、ヒラリー・クリントン元国務長官を大統領候補とすることを決めていた。これで2度目だ。そこへ意外な侵入者が降り立ち、その指名に難癖をつけた。これも2度目だ。

 クリントン氏はすでに、その8年前に一度、指名を拒否されている。党幹部らとクリントン軍団は、同じことを起こしたくなかった。そのため、サンダース氏と熱狂的な支持者らに政治的な大攻勢をかけた。

 それでも、サンダース氏は持ちこたえた。

 そしてアイオワ州で、クリントン陣営を打ち負かす寸前までいった。サンダース氏は、代議員696人を獲得した。700人を獲得したクリントン氏よりわずか4人少なかった。

 ニューハンプシャー州でサンダース氏は、クリントン氏を完全に圧倒した。15万1000人がサンダース氏を支持し、22ポイント差という大差でクリントン氏を下した。

 それでは、2016年から現在に目を向けてみよう。・・・

(残り938文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース