米国、ベネズエラのマドゥロ政権関与を理由に、ロシアの石油大手に制裁

(2020年2月23日)


トランプ政権は火曜日(2月18日)、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領の社会主義政府を支援したことを理由に、ロシアの石油大手企業に改めて強力な制裁措置を課した。これは世界のエネルギー市場に悪影響を及ぼす、との事前の懸念を押し切る形で断行された。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、イラクの戦闘部隊、年内に引き揚げ

(2021年08月02日)

地名変更で歴史の書き換えを目論む米リベラル勢力

(2021年08月01日)

母国以外の旗の下で競技するアスリートたち

(2021年08月01日)

米アイスメーカーがイスラエル入植地から撤退で5州が商品排除へ

(2021年07月31日)

グラスリー上院議員、保守系女性団体の監視でFBIに説明要求

(2021年07月31日)

「ミュンヘンの虐殺」のイスラエル人犠牲者を、49年後に初めて追悼した東京五輪の開会式

(2021年07月30日)

キューバのデモ参加者の解放求め21カ国が署名

(2021年07月29日)

敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏

(2021年07月28日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)
→その他のニュース