ブルームバーグ氏、差別的発言が波紋呼ぶも、黒人の支持増加

(2020年2月24日)

By Alex Swoyer – The Washington Times – Wednesday, February 19, 2020

 モーニング・コンサルトが19日に公表した最新の調査によると、ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、黒人有権者の20%から支持されている。今月初めから、この重要な票田からの支持を増やした。

 調査は、メディア界の大物ブルームバーグ氏が、「ストップ・アンド・フリスク(警察官による不審者への職務質問や所持品検査)」に関して話した2015年の演説の音声データが拡散された数日後に実施された。ブルームバーグ氏はこの演説で、少数派の居住地域で「犯罪はここで起きている」と話していた。

 この過去の発言に反発の声が上がったものの、・・・

(残り589文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース