ブルームバーグ氏、差別的発言が波紋呼ぶも、黒人の支持増加

(2020年2月24日)

By Alex Swoyer – The Washington Times – Wednesday, February 19, 2020

 モーニング・コンサルトが19日に公表した最新の調査によると、ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、黒人有権者の20%から支持されている。今月初めから、この重要な票田からの支持を増やした。

 調査は、メディア界の大物ブルームバーグ氏が、「ストップ・アンド・フリスク(警察官による不審者への職務質問や所持品検査)」に関して話した2015年の演説の音声データが拡散された数日後に実施された。ブルームバーグ氏はこの演説で、少数派の居住地域で「犯罪はここで起きている」と話していた。

 この過去の発言に反発の声が上がったものの、・・・

(残り589文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米国の共産主義・マルクス主義運動はバイデン氏を全面支持

(2020年08月13日)

メディアへの不信、憂慮すべき水準に

(2020年08月12日)

共和議員、バイデン氏の副大統領候補の1人バス氏をカストロの賛同者と非難

(2020年08月11日)

米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年08月10日)

バイデンの副大統領候補であるカレン・バス、2010年のサイエントロジー講演での発言で苦慮

(2020年08月09日)

北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年08月07日)

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年08月05日)

トランプ陣営、世論調査は不正確と主張

(2020年08月03日)

経済対策で共和党分裂も、保守派がトランプ氏に警告

(2020年07月31日)

トランプ陣営の新選対本部長「長く激しい戦いになる」

(2020年07月30日)
→その他のニュース