トランプ氏、タリバンとの和平合意を楽観

(2020年2月27日)

Photo by: Jacquelyn Martin / President Donald Trump speaks to the media as he leaves the White House, Sunday, Feb. 23, 2020, in Washington, en route to India. (AP Photo/Jacquelyn Martin)


By Guy Taylor and Lauren Meier – The Washington Times – Sunday, February 23, 2020

 トランプ大統領は23日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンとの持続的な和平合意について、楽観的な見通しを改めて表明した。タリバンとの1週間の暴力削減合意は3日目に入ったが、大きな事件は報告されていない。

 米政界の強硬派らは、米政権が、米軍を撤収させ、米国最長の戦争を終わらせることに前のめりになっていると警告するが、トランプ氏は、タリバンは「戦うことに疲れ」ていると指摘、合意は間近と自信を示した。

 トランプ氏は23日、インド訪問に出発する前、記者団に「合意を交わしたい。成功すると思う」と述べた。

 一方、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、慎重な見方を示した。テレビとのインタビューで、停戦はもろく、タリバンがその停戦期間中に何らかの攻撃を行えば、持続的な合意は崩壊すると述べた。

 オブライエン氏はCBSの「フェース・ザ・ネーション」で、・・・

(残り2011文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース