中国テック企業が米国の情報を中国の情報機関に提供している

(2020年3月3日)

Photo by: Ng Han Guan / A cleaner works near an empty store of Chinese computer manufacturer Lenovo at a district selling computer products in Beijing, China on Wednesday, May 15, 2019. China’s factory output and consumer spending weakened in April as a tariff war with Washington intensified, adding to pressure on Beijing to shore up shaky economic growth.(AP Photo/Ng Han Guan)


By Bill Gertz – The Washington Times – Monday, February 24, 2020

 中国の大手テクノロジー企業は、中国政府が機密情報を入手するために使用できる機器を米国の州政府に販売している。24日に公表された報告書が明らかにした。

 中国に拠点を置くレックスマークとレノボが結んだ契約は、中国の情報機関に協力することをすべての企業に要求する2017年の法律の下で、州および地方政府から受け取るデータを中国に送信することを可能にすると報告書は指摘した。同法律には、企業が海外で集めたデータへのアクセスを情報機関に認めることも含まれる。

 フロリダ州選出で共和党のマルコ・ルビオ上院議員は、この日の電話会見で、中国メーカーの機器を使用する地方政府の脆弱性への懸念を報告書は示したと述べた。

 「州や地方のシステムに入り込むことで、知的財産を盗むなどの機会が得られる。こうして米国の納税者が資金を提供した研究成果が、基礎研究に資金を費やさない中国企業の利益に転じる」とルビオ氏は述べた。

 ルビオ氏は「我が国の中枢部でこのような脆弱性に直面したことは一度もなかった。この問題についてもっと認識する必要がある」と付け加えた。

 情報サイト「チャイナ・テック・スレット」の共同創設者で米シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ政策研究所(AEI)の客員研究員、ロスリン・レイトン氏は、連邦レベルでは多くの機関が両社の製品の使用を禁止されているが、「州レベルでは、選挙、裁判所、警察、教育などに関する機密情報を入手することが可能」と記者との電話会見で指摘した。

 同サイトで公開された報告書は、・・・

(残り4244文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース