サンダースと衰退の道を行くのか

(2020年3月5日)

Photo by: Gerald Herbert / Democratic presidential candidate, Sen. Bernie Sanders, I-Vt., speaks at a campaign event in Myrtle Beach, S.C., Wednesday, Feb. 26, 2020. (AP Photo/Gerald Herbert)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, February 26, 2020

 ANALYSIS/OPINION:「天下のすべての出来事には定められた時がある」と聖書にある。しかし、社会主義にはこの言葉は当てはまらない。

 民主党の大統領指名候補を勝ち取るために争っていた民主党員は、ついに、やむなく、大抵の米国人にとっては言うまでもなく、普通は、あり得ないような考えが飛び出したので、激しい反対の声を上げた。

 候補者自身は、日頃は、進歩主義的な決まり文句を並べて暮らしているくせに、珍しく、彼らのほうが、共和党よりも、旺盛な愛国心があることに改めて気付かされたのには、十分な理由がある。それは、ただ、バーニー・サンダース氏と彼の社会主義運動にストップをかけたいと必死に思い出したからなのである。厳しい目で選択しようとしている予備選の有権者も、だまされてはいけない。

 火曜日の夜のサウスカロライナ州チャールストンにおける討論会は、・・・

(残り2473文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース