ペンス氏:トランプ氏は「モンスタートラック」、民主を踏みつぶす

(2020年3月6日)

Photo by: Jose Luis Magana / Vice President Mike Pence gives the thumbs-up during the Conservative Political Action Conference, CPAC 2020, at the National Harbor, in Oxon Hill, Md., Thursday, Feb. 27, 2020. (AP Photo/Jose Luis Magana)


By David Sherfinski – The Washington Times – Thursday, February 27, 2020

 ペンス米副大統領は保守政治行動会議(CPAC)で、トランプ大統領は「モンスタートラック」であり、民主党予備選で誰が大統領候補になろうと力で圧倒できると述べ、聴衆から喝采を浴びた。

 ペンス氏は、自身もトランプ氏も、どの候補もそれほど恐れてはいないと述べ、民主党の有権者が選ぶ候補は皆大きな欠陥を持っていると主張した。

 ペンス氏は、サウスカロライナ州で今週行われた討論会で起きた混乱について、まるで候補者同士が互いにつぶし合う「デモリションダービー(車をぶつけあい、最後までの残った車が勝つ競技)」のようだと楽しそうに話した。

 「最終的にどうなるかは、誰でも分かると思う。ボンネットにTの文字を書いたモンスタートラックがフィールドに乗り込み、全員を踏みつぶしてしまう」

 CPACは、保守派のための最大規模の年次会合であり、そこではトランプ氏は、救世主のように見られている。裁判所に保守派判事を数多く送り込み、減税したためであり、トランプ氏なら、自称社会主義者と無数のライバル候補らが大統領候補のポストをめぐって戦う民主党を阻止できるとみられているからだ。

 今年のCPACのテーマは、「米国対社会主義」だ。・・・

(残り2510文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)
→その他のニュース