米議員ら、強制力伴わないアフガン合意を非難

(2020年3月7日)

By Ben Wolfgang – The Washington Times – Sunday, March 1, 2020

 トランプ政権とアフガニスタンの反政府組織タリバンとの歴史的和平合意をめぐって数多くの疑念が巻き起こっている。事態が落ち着いた1日、アフガン政府に不信感を持つ議員らは、米国史上最長の戦争から米国を手を引くための4ページの文書のあら探しを始めた。

 トランプ政権高官、議会の政権支持者らは、和平合意を必要なステップと高く評価するが、米国が今後取るべき道筋は明確とは言えない。一方のタリバンは、米政府から正当な政治組織として承認されたという歴史的な勝利を上げ、期待が膨らむ。

 有力議員らは、合意を実施するための明確なメカニズムがなく、タリバンが約束を守り、テロ組織と協力しないという保証はないと非難している。アフガンから米軍が早期撤収すれば、大惨事を招来する可能性があると警告する議員もいる。

 合意は、米軍を1万3000人から8600人に直ちに削減することを求めている。残りは、合意が順守されれば、14カ月以内に撤収することになっている。米軍は最終的に一部の兵員を残さざるを得なくなり、それによって合意の根幹が揺らぎ、暴力が復活するだろうと予測するアナリストらもいる。

 1日、さっそくトランプ政権とアフガンのガニ大統領との間に亀裂が生じた。・・・

(残り3651文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース