米議員ら、強制力伴わないアフガン合意を非難

(2020年3月7日)

By Ben Wolfgang – The Washington Times – Sunday, March 1, 2020

 トランプ政権とアフガニスタンの反政府組織タリバンとの歴史的和平合意をめぐって数多くの疑念が巻き起こっている。事態が落ち着いた1日、アフガン政府に不信感を持つ議員らは、米国史上最長の戦争から米国を手を引くための4ページの文書のあら探しを始めた。

 トランプ政権高官、議会の政権支持者らは、和平合意を必要なステップと高く評価するが、米国が今後取るべき道筋は明確とは言えない。一方のタリバンは、米政府から正当な政治組織として承認されたという歴史的な勝利を上げ、期待が膨らむ。

 有力議員らは、合意を実施するための明確なメカニズムがなく、タリバンが約束を守り、テロ組織と協力しないという保証はないと非難している。アフガンから米軍が早期撤収すれば、大惨事を招来する可能性があると警告する議員もいる。

 合意は、米軍を1万3000人から8600人に直ちに削減することを求めている。残りは、合意が順守されれば、14カ月以内に撤収することになっている。米軍は最終的に一部の兵員を残さざるを得なくなり、それによって合意の根幹が揺らぎ、暴力が復活するだろうと予測するアナリストらもいる。

 1日、さっそくトランプ政権とアフガンのガニ大統領との間に亀裂が生じた。・・・

(残り3651文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース