米、核交渉不調も、北のサイバー攻撃監視は継続

(2020年3月8日)

North Korean leader Kim Jong-un speaks during a ruling Workers’ Party’s meeting in North Korea. (Korean Central News Agency/Korea News Service via AP)


By Guy Taylor – The Washington Times – Sunday, March 1, 2020

 北朝鮮との核交渉は年内は進まないという見方がトランプ政権内で広がる中、米当局者らは、北朝鮮のサイバー攻撃や資金調達の能力を削ぐために同盟国と秘密裏に作戦を進めている。

 北朝鮮政策チームの幹部の異動があったことは、トランプ大統領が北朝鮮問題を先送りしたことを示す。しかし、外交の裏側に詳しい筋によると、トランプ政権は依然として、金正恩体制の資金源を絶つために活発に活動している。

 米国は、北朝鮮ハッカーへの対応で同盟国と情報交換したり、対策を講じたりしている以外に、ロシアと中国による国連の対北朝鮮制裁への違反を発見するための省庁間の協力体制を拡大することを目指している。

 同時に、米当局者らは、北朝鮮に外貨を送金している北朝鮮労働者を雇用している国々のリストの作成を進めている。そのトップに上がっているのは中国とロシアだ。米当局者らは、国外の労働者約10万人からの送金額は年間5億ドル以上と見積もっている。ボイス・オブ・アメリカによると、これら労働者のうちの80%の滞在先は中国とロシアだ。

 ロシアと中国は、トランプ氏の北朝鮮への「最大限の圧力」を緩和しようと大っぴらに圧力を掛けている。ロシアのワシリー・ネベンジャ国連大使は、国連の制裁緩和は核開発には直接関係のない「人道的な問題」だと主張した。

 米国は、北朝鮮への極秘作戦を強化し、核と弾道ミサイルの開発阻止に直接かかわる分野に集中させるべきだと主張するアナリストらもいる。

 トランプ政権は、これらの水面下での活動についてコメントを出さず、・・・

(残り4573文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース