トランプ政権を支持するも、保守派に根強い財政規律の主張

(2020年3月9日)

Photo by: Jose Luis Magana / President Donald Trump speaks during Conservative Political Action Conference, CPAC 2020, at the National Harbor, in Oxon Hill, Md., Saturday, Feb. 29, 2020. (AP Photo/Jose Luis Magana)


By David Sherfinski and Stephen Dinan – The Washington Times – Sunday, March 1, 2020

 保守派の活動家たちは、トランプ米政権に警告射撃を送り、過去数年間で財政支出が増加した理由について理解は示しつつも、引き締める時が来たと述べた。

 保守政治行動会議(CPAC)でワシントン・タイムズ紙とCPACが実施した投票によると、圧倒的多数が財政規律重視に回帰すべき時だと回答した。彼らは、トランプ大統領が実施した軍事費の増加と減税は問題ないが、他の分野で歳出削減を進めることが必要だと述べた。

 憲法改正でどのような条項を追加したいかとの質問に、活動家たちは財政規律条項を最も多く選択した。

 「金のなる木のようにいくらでも使えるわけではない」とニューヨーク州ロチェスター出身のダグラス・プラット(57)氏は述べた。

 支出に対する不満は、保守派のトランプ氏への賞賛を決して損なってはいない。4分の3以上が、共和党議員がより一層トランプ氏を支える必要があるとした。

 CPACの保守派は、トランプ氏の重要政策を自分のものとして受け入れている。・・・

(残り2159文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース