ウォーレン撤退も、誰を推薦するかは明言せず

(2020年3月10日)

Photo by: Steven Senne / Sen. Elizabeth Warren, D-Mass., speaks to the media outside her home, Thursday, March 5, 2020, in Cambridge, Mass., after she dropped out of the Democratic presidential race. (AP Photo/Steven Senne)


By S.A. Miller and Seth McLaughlin – The Washington Times – Thursday, March 5, 2020

 彼女はもはや固執しなかった。

 エリザベス・ウォーレン上院議員は5日、民主党の大統領選で1度も勝利できなかっただけでなく、2位に入ることもできないまま、かつては有望とみられた選挙戦からの撤退を決めた。

 ウォーレン氏の撤退によって、選挙戦はジョセフ・バイデン前副大統領とバーモント州選出のバーニー・サンダース上院議員との実質2候補者に絞られた。ウォーレン氏を支持していた有権者の票の動向に注目が集まっている。

 「今回の選挙戦の冒頭で、民主党には2つの路線があると言われた。バーニー・サンダース氏が代表する急進左派とジョーバイデンが代表する中道派だ」。ウォーレン氏は、マサチューセッツ州ケンブリッジにある自宅の外で記者団に語った。「それは正しくないと思ったが、明らかに間違っていた」

 ウォーレン氏は、選挙戦からの撤退が「何度も貧乏くじを引いてきたこの国の勤勉な人々のための戦い」の終わりではないと誓った。

 ウォーレン氏はまた、・・・

(残り3148文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース