保守派の若者ら、気候変動への取り組みを呼び掛け

(2020年3月12日)

Photo by: Jose Luis Magana / Vice President Mike Pence speaks during the Conservative Political Action Conference, CPAC 2020, at the National Harbor, in Oxon Hill, Md., Thursday, Feb. 27, 2020. (AP Photo/Jose Luis Magana)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Thursday, February 27, 2020

 「保守政治行動会議(CPAC)」の年次会合で若い共和党員のグループが27日、出席者らに、気候変動問題に率先して取り組むか、それができなければ、民主党が新たな規則を作るのを黙って見ているべきだと訴えた。

 「ヤング・コンサーバティブ・フォー・カーボン・ディビデンド(炭素分担のための若い保守派)」は、二酸化炭素削減をテーマに公開討論会を開催し、資本主義に基づいた地球温暖化解決策に向かって力を合わせるよう共和党員に呼び掛けた。

 創設者のキエラ・オブライエン氏は、進歩的な民主党員らが提案している気候変動対策計画に触れながら、「グリーン・ニュー・ディールは、考えられる中で最悪の方法だ。しかし、(これが提案されて)右派側の私もようやく、温暖化問題に積極的に関与するようになった」と述べた。

 ヤング・コンサーバティブは、・・・

(残り1658文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース