保守派の若者ら、気候変動への取り組みを呼び掛け

(2020年3月12日)

Photo by: Jose Luis Magana / Vice President Mike Pence speaks during the Conservative Political Action Conference, CPAC 2020, at the National Harbor, in Oxon Hill, Md., Thursday, Feb. 27, 2020. (AP Photo/Jose Luis Magana)


By Christopher Vondracek – The Washington Times – Thursday, February 27, 2020

 「保守政治行動会議(CPAC)」の年次会合で若い共和党員のグループが27日、出席者らに、気候変動問題に率先して取り組むか、それができなければ、民主党が新たな規則を作るのを黙って見ているべきだと訴えた。

 「ヤング・コンサーバティブ・フォー・カーボン・ディビデンド(炭素分担のための若い保守派)」は、二酸化炭素削減をテーマに公開討論会を開催し、資本主義に基づいた地球温暖化解決策に向かって力を合わせるよう共和党員に呼び掛けた。

 創設者のキエラ・オブライエン氏は、進歩的な民主党員らが提案している気候変動対策計画に触れながら、「グリーン・ニュー・ディールは、考えられる中で最悪の方法だ。しかし、(これが提案されて)右派側の私もようやく、温暖化問題に積極的に関与するようになった」と述べた。

 ヤング・コンサーバティブは、・・・

(残り1658文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース