トランプ氏 緊急事態宣言、巨額の減税による経済対策も

(2020年3月14日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during a meeting with Irish Prime Minister Leo Varadkar in the Oval Office of the White House, Thursday, March 12, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, March 13, 2020

 トランプ大統領は13日午後3時、ホワイトハウスで新型コロナウイルスに関して記者会見を行う。

 トランプ氏は12日、スタッフォード法を発動する可能性を示唆した。これによって、州や自治体への支援に約400億ドルの連邦予算を振り向けることが可能になる。ブルームバーグ通信とロイター通信は10日、トランプ氏は同法を発動し、連邦緊急事態管理庁(FEMA)の災害対策予算を振り向けると報じた。

 トランプ氏は「スタッフォード法で緊急事態に対処する強い権限が得られる」と述べた。・・・

(残り277文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース