トランプ氏 緊急事態宣言、巨額の減税による経済対策も

(2020年3月14日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during a meeting with Irish Prime Minister Leo Varadkar in the Oval Office of the White House, Thursday, March 12, 2020, in Washington. (AP Photo/Evan Vucci)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, March 13, 2020

 トランプ大統領は13日午後3時、ホワイトハウスで新型コロナウイルスに関して記者会見を行う。

 トランプ氏は12日、スタッフォード法を発動する可能性を示唆した。これによって、州や自治体への支援に約400億ドルの連邦予算を振り向けることが可能になる。ブルームバーグ通信とロイター通信は10日、トランプ氏は同法を発動し、連邦緊急事態管理庁(FEMA)の災害対策予算を振り向けると報じた。

 トランプ氏は「スタッフォード法で緊急事態に対処する強い権限が得られる」と述べた。・・・

(残り277文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)
→その他のニュース