米司令官、アフガン和平合意の順守に疑念

(2020年3月16日)

In this Saturday, Jan. 28, 2012, file photo, U.S. soldiers, part of the NATO-led International Security Assistance Force (ISAF) walk west of Kabul, Afghanistan. (AP Photo/Hoshang Hashimi, File)


By Lauren Meier – The Washington Times – Tuesday, March 10, 2020

 中東での作戦を統括する司令官が10日、国防総省は夏までに、アフガニスタンに駐留している1万3000人の戦闘部隊の3分の1を撤収させると表明した。しかし、反政府勢力タリバンによる暴力が続いており、残りの兵力を撤収させられるかどうかは不透明だ。

 中央軍のマケンジー司令官は下院軍事委員会で、米軍は、米国とタリバンの間で交わされた、アフガンの米兵を削減する歴史的和平合意を順守しているが、タリバンが、米国の支援を受けるアフガン政府との和平プロセスを実行する気があるかどうか「確信はない」と述べた。

 「夏までに8600人にする。それ以下に削減できるかどうかは、現地の状況次第だ」とマケンジー氏は述べた。・・・

(残り640文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース