米司令官、アフガン和平合意の順守に疑念

(2020年3月16日)

In this Saturday, Jan. 28, 2012, file photo, U.S. soldiers, part of the NATO-led International Security Assistance Force (ISAF) walk west of Kabul, Afghanistan. (AP Photo/Hoshang Hashimi, File)


By Lauren Meier – The Washington Times – Tuesday, March 10, 2020

 中東での作戦を統括する司令官が10日、国防総省は夏までに、アフガニスタンに駐留している1万3000人の戦闘部隊の3分の1を撤収させると表明した。しかし、反政府勢力タリバンによる暴力が続いており、残りの兵力を撤収させられるかどうかは不透明だ。

 中央軍のマケンジー司令官は下院軍事委員会で、米軍は、米国とタリバンの間で交わされた、アフガンの米兵を削減する歴史的和平合意を順守しているが、タリバンが、米国の支援を受けるアフガン政府との和平プロセスを実行する気があるかどうか「確信はない」と述べた。

 「夏までに8600人にする。それ以下に削減できるかどうかは、現地の状況次第だ」とマケンジー氏は述べた。・・・

(残り640文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)

トランプ氏、オバマ政権時のFBI高官にフリン氏への謝罪要求

(2020年07月02日)

共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年07月01日)

トランプ氏:ボルトン氏は犯罪者「収監されるべき」

(2020年06月30日)

ホワイトハウス、ベネズエラ政策に変化はない

(2020年06月29日)

独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年06月27日)

米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年06月26日)
→その他のニュース