米CIA、ベンチャーキャピタルを使ってファーウェイに対抗

(2020年3月17日)

Photo by: Mark Schiefelbein / In this Thursday, Oct. 31, 2019, file photo, a man uses his smartphone as he stands near a billboard for Chinese technology firm Huawei at the PT Expo in Beijing. (AP Photo/Mark Schiefelbein, File)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Sunday, March 8, 2020

 中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)による次世代通信規格「5G」網の支配に対抗する最善策をめぐり、米ホワイトハウス、議会、司法省、国防総省が言い争いをしているが、中央情報局(CIA)は手をこまねいていない。

 CIAは国民の税金をベンチャーキャピタルに流し込み、ファーウェイと競争、できれば同社を打倒することを狙って設立された民間企業に投資をしている。

 ファーウェイは、第5世代のワイヤレス技術をめぐる世界覇権争いで優位に立っている。CIAが契約しているベンチャーキャピタル「In-Q-Tel」は、議会に対し、ファーウェイによる支配を阻止するためにより多くの予算を投じるよう求めている。

 In-Q-Telのクリストファー・ダービー社長兼CEOは先月、下院情報委員会で、同社が5G技術への投資を始めたのは7年前だと語った。ダービー氏が公聴会で語ったところによると、・・・

(残り1568文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース