兵士を脅かすウイルスと世界中で戦う米国防総省

(2020年3月18日)

Photo by: Kim Hyun-tae / In this Thursday, Feb. 20, 2020, photo, a U.S. military policeman and South Korean security persons U.S. Army base Camp Walker, in Daegu, South Korea. The U.S. and South Korean militaries, used to being on guard for threats from North Korea, face a new and formidable enemy that could hurt battle readiness: a virus spreading around the world that has infected more than 1,200 people in South Korea. (Kim Hyun-tae/Yonhap via AP)


By Mike Glenn – The Washington Times – Monday, March 2, 2020

 目に見えない敵による多方面からの攻撃に対し、米国防総省は対応に追われている。

 危険なコロナウイルスが大陸から大陸へと拡散する中、米軍当局者は重要な軍事演習を延期したり、米兵を基地内に留めることを強いられている。一方、国防総省高官は、感染地域に派遣される兵士や世界中の港を訪れる水兵を守るため、この数週間、ほぼ毎日会議を開いている。

 マイク・ペンス副大統領は「全政府機関」を動員してコロナウイルスに対処すると表明している。だが、おそらく国防総省以上に大きな課題に直面している政府機関はないだろう。米軍は国務省よりはるかに多くの数の人が世界各地に駐留し、地元経済に深く組み込まれ、地域住民と接触するのが当たり前になっている。

 米軍基地は、コロナウイルス患者を隔離する施設として着目されている。感染が拡大している国々では、米兵の休暇や自由が制限されている。基地内の売店では、感染を予防する物資が買いだめで不足していると報告されている。一方、基地内の学校、デイケアセンター、映画館は閉鎖された。

 感染拡大が深刻な一部の国々、例えば、韓国や日本、イタリアには、かなりの数の米兵が駐留している。・・・

(残り1292文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース