トランプ氏、中国の米情報システム企業買収で大統領令

(2020年3月19日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump gestures while walking on the South Lawn of the White House in Washington, Monday, March, 9, 2020, after stepping off Marine One. The president is returning from Florida. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Bill Gertz – The Washington Times – Monday, March 9, 2020

 トランプ大統領は、米国の安全保障上の脅威となる可能性があるとして、ホテル業界向け情報システムのソフトウエア開発を行う米子会社を手放すよう中国企業に命じた。

 トランプ氏は6日に出した大統領令で、中国企業によるソフトウエア開発企業ステインタッチ買収が、不正に利用される可能性を示す「信頼できる証拠」があると述べた。

 中国軍のハッカーが先月、米国から情報を盗み出したことを受けてトランプ政権は、中国による大規模な情報収集活動の阻止に取り組んでいる。ステインタッチは、中国の「北京中長石基信息技術」と香港の子会社「石基」が所有している。

 大統領令は、財務省の対米外国投資委員会(CFIUS)の監督のもと、4カ月以内にステインタッチを売却するよう石基に求めている。

 米議会は2年前、CFIUSの権限を強化し、米国の安全保障に影響を及ぼす可能性がある場合、外国企業による米企業の買収を阻止できる新法を通過させていた。今回の措置はこの法律の適用第1号となる。

 中国専門家で元国務省高官のジョン・ケーシック氏は、・・・

(残り2511文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース