米コロナ拡大、医薬品の対中依存に警鐘

(2020年3月21日)

Photo by: Ju Peng / Chinese President Xi Jinping (center) visited the Academy of Military Medical Sciences in Beijing to portray himself as a leader firmly in charge of a “people’s war” against COVID-19. State media are suggesting that China may cut off critical supplies for U.S. drug companies even as Americans grapple with a pandemic that originated in China. (Associated Press photo)


By Guy Taylor – The Washington Times – Tuesday, March 17, 2020

 中国と米国の間でCOVID―19をめぐる非難の応酬が過熱する一方で、中国国営メディアは、中国政府が医薬品業界へ影響力を行使する可能性を指摘、不安が高まっている。重要な薬品材料などを中国に依存する米国の製薬企業への供給を絶ち、米国を「新型コロナウイルス感染の地獄」に落とそうとするのではないかとみられている。

 インドや欧州各国は、世界的な医療サプライチェーンで重要な役割を担っているが、中国はその中でも、米国で消費される抗生剤などの処方薬の基本材料となる医薬品有効成分(API)の最大の供給国だ。

 新型コロナウイルス騒動で、これらの薬品の政府の大量の備蓄が影響を受けることが懸念され、医療専門家らは、中国の工場でAPI生産の継続への取り組みが行われている一方で、新型コロナの流行と、それに伴う社会施設の閉鎖によってAPIが不足するようになる可能性を指摘した。

 トランプ政権と共和、民主両党の議員らは現在、この20年間、中国とその他の一部の国に依存してきた米国内の製薬企業の大規模な改革を呼び掛けている。

 製薬・バイオテクノロジー関連ニュースサイト「ファーマ・レター」は、中国製造業者への米国の依存に関して、厳しい数字を明らかにした。

 ファーマ・レターが17日に報じたところによると、・・・

(残り765文字)

Trump Central Review【定期購読】


中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)
→その他のニュース