米軍、極超音速兵器の試射に成功

(2020年3月21日)

In this photo provided by South Korea Defense Ministry, South Korea’s Hyunmoo II Missile system, left, and U.S. Army Tactical Missile System, right, fire missiles during the combined military exercise between the two countries against North Korea at an undisclosed location in South Korea, Saturday, July 29, 2017. North Korean leader Kim Jong Un said Saturday the second flight test of an intercontinental ballistic missile demonstrated his country can hit the U.S. mainland, hours after the launch left analysts concluding that a wide swath of the United States, including Los Angeles and Chicago, is now in range of North Korean weapons. (South Korea Defense Ministry via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Friday, March 20, 2020

 米軍は今週、画期的な極超音速兵器の試験発射に成功したと国防当局者が20日、明らかにした。これは、この21世紀の技術の開発と配備で、米国が敵国に追いつこうとしていることを示している。

 当局者らは、陸軍と海軍が共同で19日夜、ハワイ州カウアイ島の「太平洋ミサイル試射場」で極超音速滑空体の試射を行ったことを明らかにした。極超音速兵器は、音速の5倍以上の速度で飛行し、形勢を逆転させる革新的軍事技術とされている。

 専門家や軍事消息筋は長年、米国が極超音速兵器の開発で主要競合国の中国とロシアに後れを取っていると警告してきた。・・・

(残り1158文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース