米軍、極超音速兵器の試射に成功

(2020年3月21日)

In this photo provided by South Korea Defense Ministry, South Korea’s Hyunmoo II Missile system, left, and U.S. Army Tactical Missile System, right, fire missiles during the combined military exercise between the two countries against North Korea at an undisclosed location in South Korea, Saturday, July 29, 2017. North Korean leader Kim Jong Un said Saturday the second flight test of an intercontinental ballistic missile demonstrated his country can hit the U.S. mainland, hours after the launch left analysts concluding that a wide swath of the United States, including Los Angeles and Chicago, is now in range of North Korean weapons. (South Korea Defense Ministry via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Friday, March 20, 2020

 米軍は今週、画期的な極超音速兵器の試験発射に成功したと国防当局者が20日、明らかにした。これは、この21世紀の技術の開発と配備で、米国が敵国に追いつこうとしていることを示している。

 当局者らは、陸軍と海軍が共同で19日夜、ハワイ州カウアイ島の「太平洋ミサイル試射場」で極超音速滑空体の試射を行ったことを明らかにした。極超音速兵器は、音速の5倍以上の速度で飛行し、形勢を逆転させる革新的軍事技術とされている。

 専門家や軍事消息筋は長年、米国が極超音速兵器の開発で主要競合国の中国とロシアに後れを取っていると警告してきた。・・・

(残り1158文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース