カンザス州共和党上院予備選挙激化、クラブ・フォー・グロースが広告を全面展開へ

(2020年3月22日)

In this Nov. 30, 2018, photo, then-Kansas Secretary of State Kris Kobach responds to questions from reporters in Topeka, Kan. (AP Photo/John Hanna)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Monday, March 16, 2020

 引退するカンザス州のパット・ロバーツ上院議員の後継を目指すトップランナーとしてクリス・コバッハ氏が浮上する中、同州共和党予備選挙はより見苦しいものになっている。

 保守系団体「クラブ・フォー・グロース」は、医師として女性患者を粗末に扱った疑惑をめぐって、コバッハ氏のライバル候補、ロジャー・マーシャル下院議員を非難する新たな広告キャンペーンを開始した。

 カンザス州の元州務長官であるコバッハ氏は長らくトランプ大統領の擁護者であったが、2018年の同州知事選に敗れたため、多くの共和党員は同氏が上院選でも敗れることを懸念している。

 調査会社マクラフリン&アソシエイツによる2月の世論調査で、コバッハ氏は2位のマーシャル氏に対して2桁ポイント差でリードした。

 自由市場擁護団体であるクラブ・フォー・グロースは、・・・

(残り2281文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)
→その他のニュース