不正を働く議員は排除せよ

(2020年3月25日)

Sen. Richard Burr, R-N.C., speaks with reporters on Capitol Hill, Tuesday, Feb. 4, 2020 in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By THE WASHINGTON TIMES – – Sunday, March 22, 2020

 ANALYSIS/OPINION:リチャード・バー氏が、上院議員という身分をばっさり捨てることを決心するならば、株式市場に熱心なテレビネットワークCNBCのテレビ司会者として自分を売り込めばいい。

 情報委員会委員長を務めるノースカロライナ州選出の共和党上院議員であるバー氏は、米国の指数が約30%の下落を見た新型コロナウイルス危機の発生に、驚くべき株式市場の動きに対するある種の予知能力を発揮した。

 この人物が、ひそかにウォーレン・バフェット氏並みの金融の才能を持っているのでなければ、彼の動きに見られる予知能力は、まさに、少しばかり、度が過ぎていた。私たちは、そう疑わざるを得ない。

 非営利の報道機関プロパブリカは木曜日「(バー氏は)かなりの割合の持ち株を売却した。62万8000ドルから172万ドルの持ち株を2月13日、33回の取引で売り払った。情報委員会の長として、バーは米国社会に対する脅威についての、政府の最高度に秘密にされている情報へのアクセスを有している。彼の委員会は、日々、最近のコロナウイルスに関するブリーフィングを受けている」と報じた。

 これだけで十分にあくどいというべきだが、さらに悪いことに、・・・

(残り1889文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース