バイデン、トランプ政権のコロナウイルス対策が遅すぎると批判

(2020年3月28日)

Democratic presidential candidate former Vice President Joe Biden speaks at a campaign event in Columbus, Ohio, Tuesday, March 10, 2020. (AP Photo/Paul Vernon)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Monday, March 23, 2020

 バイデン前副大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大の中、デラウェア州の自宅に閉じこもって、国家非常事態下で、最高司令官であるトランプ大統領への支持が揺らぐのではないかとみて、有権者の動向を分析している。

 バイデン氏は23日、トランプ氏の新型コロナへの対応は遅すぎる上に思慮に欠けると主張、自身の対抗策への有権者の反応を探った。

 バイデン氏は自室からのライブ配信で、「つまり、トランプ氏は新型コロナに責任はないが、新型コロナへの対応には責任があるということだ。私は、全国民とともに、これを正すための措置を取り始めてくれることを望んでいる」と述べた。

 今月に入ってずっとバイデン氏に追い風が吹いている。民主党の大統領候補選びで、予備選に勝利し、指名は確実とみられている。

 しかし、選挙戦は新型コロナの感染拡大のあおりを受け、バイデン氏は目立たなくなってしまった。その一方で、国民の目はトランプ氏と政権に向かい、感染拡大への対応に期待が高まっている。

 トランプ氏は今、国家的な危機への対応に政治的な意図があると思われないようにするために、微妙なバランスを取ろうとしている。

 アメリカン大学の政治科学教授アラン・リクトマン氏は・・・

(残り2600文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース