ポンペオ長官、和平交渉推進へアフガン訪問

(2020年3月30日)

Secretary of State Mike Pompeo, speaks during a news conference at the State Department, Tuesday, March 17, 2020, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Rahim Faiez and Kathy Gannon – Associated Press – Monday, March 23, 2020

 ポンペオ国務長官は23日、2月に反政府勢力タリバンとの間で交わした和平合意の推進のため、アフガニスタンのカブールを急遽訪問した。新型コロナウイルス感染拡大の中、世界の指導者、政治家らが移動を控えている中での訪問だ。

 合意に調印したものの、その後、アフガン国内の政治的混乱のために和平プロセスは停滞している。大統領選の勝者をめぐって対立が生じているからだ。

 ガニ大統領と、昨年9月の大統領選の対立候補、アブドラ・アブドラ氏の双方が、大統領選で勝利を宣言、今月に入って2つの大統領就任式が実施された。

 ポンペオ氏は、ガニ氏と会談、アブドラ氏とも個別に会談した上で、両者を交えて会談する予定だった。ポンペオ氏のスケジュールでは、ガニ、アブドラ両氏が一対一で会談することも予定されていた。双方の譲歩の可能性を探るためとみられている。

 米国は毎年、数十億ドルをアフガン政府に支払っている。・・・

(残り2677文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)
→その他のニュース