ポンペオ長官、和平交渉推進へアフガン訪問

(2020年3月30日)

Secretary of State Mike Pompeo, speaks during a news conference at the State Department, Tuesday, March 17, 2020, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Rahim Faiez and Kathy Gannon – Associated Press – Monday, March 23, 2020

 ポンペオ国務長官は23日、2月に反政府勢力タリバンとの間で交わした和平合意の推進のため、アフガニスタンのカブールを急遽訪問した。新型コロナウイルス感染拡大の中、世界の指導者、政治家らが移動を控えている中での訪問だ。

 合意に調印したものの、その後、アフガン国内の政治的混乱のために和平プロセスは停滞している。大統領選の勝者をめぐって対立が生じているからだ。

 ガニ大統領と、昨年9月の大統領選の対立候補、アブドラ・アブドラ氏の双方が、大統領選で勝利を宣言、今月に入って2つの大統領就任式が実施された。

 ポンペオ氏は、ガニ氏と会談、アブドラ氏とも個別に会談した上で、両者を交えて会談する予定だった。ポンペオ氏のスケジュールでは、ガニ、アブドラ両氏が一対一で会談することも予定されていた。双方の譲歩の可能性を探るためとみられている。

 米国は毎年、数十億ドルをアフガン政府に支払っている。・・・

(残り2677文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース