ポンペオ長官、和平交渉推進へアフガン訪問

(2020年3月30日)

Secretary of State Mike Pompeo, speaks during a news conference at the State Department, Tuesday, March 17, 2020, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Rahim Faiez and Kathy Gannon – Associated Press – Monday, March 23, 2020

 ポンペオ国務長官は23日、2月に反政府勢力タリバンとの間で交わした和平合意の推進のため、アフガニスタンのカブールを急遽訪問した。新型コロナウイルス感染拡大の中、世界の指導者、政治家らが移動を控えている中での訪問だ。

 合意に調印したものの、その後、アフガン国内の政治的混乱のために和平プロセスは停滞している。大統領選の勝者をめぐって対立が生じているからだ。

 ガニ大統領と、昨年9月の大統領選の対立候補、アブドラ・アブドラ氏の双方が、大統領選で勝利を宣言、今月に入って2つの大統領就任式が実施された。

 ポンペオ氏は、ガニ氏と会談、アブドラ氏とも個別に会談した上で、両者を交えて会談する予定だった。ポンペオ氏のスケジュールでは、ガニ、アブドラ両氏が一対一で会談することも予定されていた。双方の譲歩の可能性を探るためとみられている。

 米国は毎年、数十億ドルをアフガン政府に支払っている。・・・

(残り2677文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース