コーク財団ネットワークと保守系学生団体が火花を散らす

(2020年4月1日)

In this file photo from July 23, 2019, President Donald Trump is joined on stage with Turning Point USA Founder Charlie Kirk as he finishes speaking at Turning Point USA Teen Student Action Summit at the Marriott Marquis in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, March 25, 2020

 コーク財団ネットワークは、トランプ大統領に近い学生団体「ターニング・ポイントUSA」が、キャンパスで行われているイデオロギーの刷り込みを暴くようメンバーに求めていることを非難した。

 コーク財団ネットワークと同学生団体の間で起きた舌戦は、保守派が大学のキャンパスでその運動や価値観をどう推進させるかについてのより大きな論争を浮き彫りにした。リバタリアン寄りのチャールズ・コーク財団は、キャンパスにおける学問の自由促進のため長年にわたって資金提供を行ってきた。一方、ターニング・ポイントUSAのミッションは、同団体のウェブサイトによると、全国のキャンパスで「最も組織化され、活発で、強力な保守派による草の根ネットワークを構築する」ことにある。

 ターニング・ポイントUSA創設者のチャーリー・カーク氏は22日、保守派の後輩たちに対し、教授が行っているオンライン授業を録画し、その隠された意図を暴くよう求めた。・・・

(残り1392文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)
→その他のニュース