ファーウェイのスパイ活動阻止へ新法

(2020年4月2日)

In this Dec. 11, 2018, file photo, a man browses his smartphone outside a Huawei store at a shopping mall in Beijing. Sen. Tom Cotton, Arkansas Republican, has introduced legislation preventing intelligence sharing with countries that permit Huawei to operate 5G networks. (AP Photo/Andy Wong)


By Bill Gertz – The Washington Times – Tuesday, March 24, 2020

 トランプ大統領は24日、中国が米国の通信網に侵入し、スパイ活動や情報収集を行うのを阻止するための新法に署名した。

 新法は、次世代通信機器「5G」対応機器を守るための国家戦略を立てることを求めている。5Gをめぐっては、中国企業が市場で支配的地位を築いていることが懸念されている。

 トランプ氏は署名式で、「この戦略で、通信網、5G技術への安全保障上の脅威から米国民を守る」と述べた。

 米政府は、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など中国の通信会社が、米国市場に浸透するのを阻止するための取り組みを進めており、この新法もその一つ。当局者らは、中国が5G機器を使って、ファーウェイの機器に仕込まれた「バックドア(裏口)」から情報を盗み出したり、収集したりするのではないかと懸念している。

 トランプ氏は1月、・・・

(残り1172文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース