ファーウェイのスパイ活動阻止へ新法

(2020年4月2日)

In this Dec. 11, 2018, file photo, a man browses his smartphone outside a Huawei store at a shopping mall in Beijing. Sen. Tom Cotton, Arkansas Republican, has introduced legislation preventing intelligence sharing with countries that permit Huawei to operate 5G networks. (AP Photo/Andy Wong)


By Bill Gertz – The Washington Times – Tuesday, March 24, 2020

 トランプ大統領は24日、中国が米国の通信網に侵入し、スパイ活動や情報収集を行うのを阻止するための新法に署名した。

 新法は、次世代通信機器「5G」対応機器を守るための国家戦略を立てることを求めている。5Gをめぐっては、中国企業が市場で支配的地位を築いていることが懸念されている。

 トランプ氏は署名式で、「この戦略で、通信網、5G技術への安全保障上の脅威から米国民を守る」と述べた。

 米政府は、華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)など中国の通信会社が、米国市場に浸透するのを阻止するための取り組みを進めており、この新法もその一つ。当局者らは、中国が5G機器を使って、ファーウェイの機器に仕込まれた「バックドア(裏口)」から情報を盗み出したり、収集したりするのではないかと懸念している。

 トランプ氏は1月、・・・

(残り1172文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース