ソーシャルメディアで独創的な選挙運動をする候補者たち

(2020年4月3日)

Florida Republican Christy McLaughlin tapped into digital apps that allow for more personalized, one-on-one interactions traditionally used for finding love – or hookups – as a way to build relationships with voters. (@ChristyMarieEm)


By Alex Swoyer and Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, March 25, 2020

 赤ちゃんにキスしたり、握手したり、写真を自撮りするのは忘れてほしい。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、伝統的な選挙運動は完全に中止になった。この勇ましい新世界の特徴となっているのが「ソーシャル・ディスタンス(社会的隔離)」だが、候補者たちはそのガイドラインに従いつつ、有権者とつながりを持つ革新的な方法を模索することが求められている。

 一部の候補が利用しているのがデートアプリだ。

 フロリダ州のクリスティー・マクローリン候補(共和党)は、より個人的な一対一のやりとりができ、普段は恋人(または性行為)を探すために使われているデジタルアプリを、有権者と関係を構築する手段として活用している。

 マクローリン氏は、・・・

(残り1508文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース