新型コロナ治療で抗マラリア薬に脚光

(2020年4月5日)

Photo by: Mark Moran / Pharmacist Amanda Frank reaches for a bottle of Hydroxychloroquine at the Medicine Shoppe on Hazle Street in Wilkes-Barre, Pa., Tuesday, March 31, 2020. Chloroquine and a similar drug, hydroxychloroquine, have shown encouraging signs in very small and early tests in treating seriously ill COVID-19 patients. The new coronavirus causes mild or moderate symptoms for most people, but for some, especially older adults and people with existing health problems, it can cause more severe illness or death. (Mark Moran/The Citizens’ Voice via AP)


By Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, April 1, 2020

 マラリア治療薬として65年前から使用されている薬が急に、世界で論争の焦点になった。新型コロナウイルス(COVID―19)とトランプ大統領がその原因だ。

 米食品医薬品局(FDA)が、クロロキンと、クロロキンを基に作られたヒドロキシクロロキンをCOVID―19治療薬として承認して以降、ソーシャルメディアでは、副作用で死に至る可能性があるという警告が投稿されている。

 トランプ氏批判で知られる医師のユージーン・グ氏は「人間はモルモットではない。私たち医師は『まず、害を及ぼしてはならない』と厳粛に誓った。つまり、副作用で死に至る可能性があり、新型コロナに対する効果が実証されておらず、臨床実験でのエビデンスがない薬を試験的に使用することはないということだ」と主張した。・・・

(残り1271文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース