トランプ氏、コロナウイルスに伴う企業救済支出に対する監察官を指名

(2020年4月6日)

President Donald Trump speaks about the coronavirus in the James Brady Press Briefing Room of the White House, Wednesday, April 1, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Dave Boyer – The Washington Times – Saturday, April 4, 2020

 トランプ大統領は、ホワイトハウス法律顧問の1人を、新型コロナウイルスに被害を受けた企業への5000億ドルの救済基金の特別監察官に指名した。

 トランプ氏は3日、バージニア州のブライアン・ミラー大統領上級副法律顧問を、財務省の支援金給付を監督するポストに指名した。指名は上院の承認が必要。

 ミラー氏は10年近くにわたって一般調達局(GSA)の監察官を務め、全米で調査を行う300人以上の監査官らを監督してきた。ミラー氏は、2010年にラスベガスで行われたGSAの会議での不正を暴いたことで知られている。・・・

(残り333文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース