トランプ氏、ウクライナ疑惑を担当した監察官を解任

(2020年4月8日)

Michael Atkinson, the inspector general of the intelligence community, arrives at the Capitol where he will go behind closed doors to be questioned about the whistleblower complaint that exposed a July phone call the president had with Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy in which Trump pressed for an investigation of Democratic political rival Joe Biden and his family, at the Capitol in Washington, Friday, Oct. 4, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, April 3, 2020

 トランプ大統領は3日夜、米情報機関の内部監察官、マイケル・アトキンソン氏を解任した。アトキンソン氏は、ウクライナへの支援をめぐるトランプ氏の行動についての内部告発を「急を要する」とみなし、議会に通告していた。

 トランプ氏は、共和、民主両党の上院情報委員会幹部に宛てた書簡で「監察官として指名した人物には完全な信頼がおけることが不可欠だ」と主張。「この監察官にこれはすでに当てはまらない」と強調した。

 トランプ氏によると、解任は30日で発効し、新たな候補者を指名する。就任には上院での承認が必要だ。

 アトキンソン氏は、トランプ氏の指名を受け、2018年5月に就任した。2019年8月にトランプ氏をめぐる内部告発を受けた。トランプ氏が権力を乱用し、民主党の有力大統領候補だったジョセフ・バイデン氏を貶めようとウクライナに支援を求めたという告発だった。

 バイデン氏の息子、ハンター氏は、・・・

(残り1157文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)
→その他のニュース