トランプ氏、ウクライナ疑惑を担当した監察官を解任

(2020年4月8日)

Michael Atkinson, the inspector general of the intelligence community, arrives at the Capitol where he will go behind closed doors to be questioned about the whistleblower complaint that exposed a July phone call the president had with Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy in which Trump pressed for an investigation of Democratic political rival Joe Biden and his family, at the Capitol in Washington, Friday, Oct. 4, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, April 3, 2020

 トランプ大統領は3日夜、米情報機関の内部監察官、マイケル・アトキンソン氏を解任した。アトキンソン氏は、ウクライナへの支援をめぐるトランプ氏の行動についての内部告発を「急を要する」とみなし、議会に通告していた。

 トランプ氏は、共和、民主両党の上院情報委員会幹部に宛てた書簡で「監察官として指名した人物には完全な信頼がおけることが不可欠だ」と主張。「この監察官にこれはすでに当てはまらない」と強調した。

 トランプ氏によると、解任は30日で発効し、新たな候補者を指名する。就任には上院での承認が必要だ。

 アトキンソン氏は、トランプ氏の指名を受け、2018年5月に就任した。2019年8月にトランプ氏をめぐる内部告発を受けた。トランプ氏が権力を乱用し、民主党の有力大統領候補だったジョセフ・バイデン氏を貶めようとウクライナに支援を求めたという告発だった。

 バイデン氏の息子、ハンター氏は、・・・

(残り1157文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース