トランプ氏、ウクライナ疑惑を担当した監察官を解任

(2020年4月8日)

Michael Atkinson, the inspector general of the intelligence community, arrives at the Capitol where he will go behind closed doors to be questioned about the whistleblower complaint that exposed a July phone call the president had with Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy in which Trump pressed for an investigation of Democratic political rival Joe Biden and his family, at the Capitol in Washington, Friday, Oct. 4, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, April 3, 2020

 トランプ大統領は3日夜、米情報機関の内部監察官、マイケル・アトキンソン氏を解任した。アトキンソン氏は、ウクライナへの支援をめぐるトランプ氏の行動についての内部告発を「急を要する」とみなし、議会に通告していた。

 トランプ氏は、共和、民主両党の上院情報委員会幹部に宛てた書簡で「監察官として指名した人物には完全な信頼がおけることが不可欠だ」と主張。「この監察官にこれはすでに当てはまらない」と強調した。

 トランプ氏によると、解任は30日で発効し、新たな候補者を指名する。就任には上院での承認が必要だ。

 アトキンソン氏は、トランプ氏の指名を受け、2018年5月に就任した。2019年8月にトランプ氏をめぐる内部告発を受けた。トランプ氏が権力を乱用し、民主党の有力大統領候補だったジョセフ・バイデン氏を貶めようとウクライナに支援を求めたという告発だった。

 バイデン氏の息子、ハンター氏は、・・・

(残り1157文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース