大統領権限は限定的、感染拡大であらわに

(2020年4月13日)

Photo by: Patrick Semansky / President Donald Trump speaks during a coronavirus task force briefing at the White House, Sunday, April 5, 2020, in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Sunday, April 5, 2020

 米国人はこの1カ月間、市民としての権利について重大な教訓を学んだ。新型コロナウイルス危機の解決を連邦政府に求めたものの、最終的に、州知事が市民の日常生活に思っていた以上に強い権限を持っていることを知ることになった。

 企業の閉鎖や病院へ医療機器の割り当てを決めるのは州と地方自治体だ。

 これは、建国者が築いた制度によるものだが、時代錯誤的との見方も強く、ウイルスは国境、州境を越えて拡大している。

 ノースカロライナ州立大学のトマス・バークランド副学部長は、「連邦制では、連邦政府は州と地方自治体を支援するために存在する。消防署を運営するのは、連邦政府ではなく、地方自治体だ」と語った。

 そのため、ほとんど場合、最高責任者として権力をふるうのは知事であり、場合によっては市長となる。

 連邦議会は、銀行家になぞらえられる。

 議会は、2兆2000億ドルの新型コロナ救済策の規模や範囲をめぐって議論する。法案が承認されれば、議員らはワシントンを出て地元に帰り、後はトランプ氏に任せる。

 トランプ氏は権力の象徴であり、毎日のようにホワイトハウスの会見室に行き、演台の前に立って、発表をしたり、質問を受けたりする。・・・

(残り3135文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース