コロナ危機で存在価値示す不法移民

(2020年4月16日)


 新型コロナ危機の中、ニューヨークでは、不法移民グループの女性らが職を失い、手製マスクを縫い、生活を維持するための収入を得ている。

 西に目を向けると、不法移民が依然、農家を支えている。外出禁止令が課されない重要な労働力であり、そのおかげで食品が食料品店に絶えず届けられている。

 その一方で、オバマ政権時の不法移民救済措置「DACA(ダカ)」によって滞在が許されている多くの「ドリーマー」は看護師として働き、一部は新型コロナ感染者の治療の最前線で戦っている。

 新型コロナが今、不法移民らの能力をアピールする場になっている。不法移民は今が、他の人々と同様、移民も米国人であることを示すチャンスと捉え、同じ体験をし、わずかであっても経済の一部を担おうとしている。新型コロナの試練に共に直面し、不法移民らは、不法移民を排斥することは経済的な自殺行為であり、不道徳ですらあるということを悟ってほしいと思っている。

 カリフォルニア州のニューサム知事は、・・・ (残り1077文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース