外出制限は対コロナの最善策ではないと専門家

(2020年4月17日)

Photo by: Andrew Harnik / The coronavirus is most lethal among the old and sick, and public health scholars say mortality rates appear to mirror the seasonal flu. (Associated Press)


By James Varney – The Washington Times – Monday, April 6, 2020

 公衆衛生の一部専門家から、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応策として、米経済を急停止させている自宅待機命令よりも、もっと良い方法があるかもしれないとの指摘が出ている。

 彼らの見解は、現在の医療界の主流からは外れている。だが、彼らの主張は、過去数週間に世界中から集まったデータで確認された二つの統計的特徴によって裏付けられている。

 すなわち、このウイルスは高齢者や病人の間で最も致死率が高いことと、データが増えるにつれ、致死率は季節性インフルエンザに近いことが明らかになってきた、ということだ。

 「高齢者と基礎疾患・慢性疾患を持つ人々にとっては、感染で死亡するリスクが高いことは、データから極めて明らかだ」。こう語るのは、スタンフォード大学のジェイ・バタチャリア教授(医学)だ。

 バタチャリア氏は「今後の公共政策の重要な指針となるのは、抗体を持つ人々の広がりだ」と指摘。「流行曲線の後期にある地域は、自宅待機命令を慎重に緩和してもいいかもしれない。流行曲線初期の地域では、医療施設で患者があふれるのを防ぐために支援が必要になるだろう」

 スタンフォード大学医科大学院のジョン・アイオアナイディス研究教授によると、・・・

(残り1288文字)

Trump Central Review【定期購読】


マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

(2021年01月06日)
→その他のニュース