外出制限は対コロナの最善策ではないと専門家

(2020年4月17日)

Photo by: Andrew Harnik / The coronavirus is most lethal among the old and sick, and public health scholars say mortality rates appear to mirror the seasonal flu. (Associated Press)


By James Varney – The Washington Times – Monday, April 6, 2020

 公衆衛生の一部専門家から、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応策として、米経済を急停止させている自宅待機命令よりも、もっと良い方法があるかもしれないとの指摘が出ている。

 彼らの見解は、現在の医療界の主流からは外れている。だが、彼らの主張は、過去数週間に世界中から集まったデータで確認された二つの統計的特徴によって裏付けられている。

 すなわち、このウイルスは高齢者や病人の間で最も致死率が高いことと、データが増えるにつれ、致死率は季節性インフルエンザに近いことが明らかになってきた、ということだ。

 「高齢者と基礎疾患・慢性疾患を持つ人々にとっては、感染で死亡するリスクが高いことは、データから極めて明らかだ」。こう語るのは、スタンフォード大学のジェイ・バタチャリア教授(医学)だ。

 バタチャリア氏は「今後の公共政策の重要な指針となるのは、抗体を持つ人々の広がりだ」と指摘。「流行曲線の後期にある地域は、自宅待機命令を慎重に緩和してもいいかもしれない。流行曲線初期の地域では、医療施設で患者があふれるのを防ぐために支援が必要になるだろう」

 スタンフォード大学医科大学院のジョン・アイオアナイディス研究教授によると、・・・

(残り1288文字)

Trump Central Review【定期購読】


中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)
→その他のニュース