トランプ氏、WHOへの資金拠出停止を表明

(2020年4月20日)

President Donald Trump speaks about the coronavirus in the Rose Garden of the White House, Tuesday, April 14, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Tuesday, April 14, 2020

 トランプ大統領は、米国が世界保健機関(WHO)への資金の拠出を停止し、新型コロナウイルスへの「対応のミス」にWHOがどのように関与したかを検証することを明らかにした。

 トランプ氏は、米国が4億㌦も拠出しているのに対し、感染の発生源となった大国・中国の拠出金は4000万ドルだと強調した。

 「米国は完全な説明を要求する義務がある」とトランプ氏は訴えた。

 トランプ氏は、感染初期の中国政府によるあいまいな説明に対してWHOが反論せず、そのせいで世界が感染に対応する貴重な時間が失われたと主張。

 また、中国からの移動の禁止に反対し、「人命よりも政治的公正を優先した」とWHOを非難した。

 欧州での感染爆発を引き合いに出しながら「無数の命が救われていたはずだ。なのに世界はこのようになってしまった」と述べた。

 さらに、米国が拠出した資金は有効に使われておらず、WHOは情報を精査し、共有することを怠ったと指摘。

 拠出の停止は60日から90日に及ぶが、・・・

(残り1843文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)
→その他のニュース