米統参議長、情報機関がコロナ流出を調査中

(2020年4月21日)

Photo by: Alex Brandon / Chairman of the Joint Chiefs Gen. Mark Milley speaks about the coronavirus in the James Brady Press Briefing Room of the White House, Wednesday, April 1, 2020, in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)


By Bill Gertz – The Washington Times – Tuesday, April 14, 2020

 米情報機関は、新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から流出したものかどうかの調査を行っている。統合参謀本部議長が14日に明らかにした。

 米軍制服組のトップ、ミリー議長(陸軍大将)は国防総省で記者団に、当初は、世界的に流行している新型コロナは「自然」発生したものであり、動物から人への感染で発生したとされていたと述べた。

 しかしミリー氏は、研究所からの流出が発生源である可能性もあると報じられていることにも触れた。

 「この点に注意を払ったとしても驚くべきことではないはずであり、情報機関も注目している。今の時点では、証拠はどちらかというと自然発生であることを示しているが、結論は出ていないと言うにとどめておきたい。確かなことは分からない」とミリー氏は述べた。

 米高官が公式の場で、新型コロナの発生源が中国の研究所である可能性に触れるのは初めてのことだ。

 ミリー氏とともに会見に臨んだエスパー国防長官は、国際査察官を今後、中国の研究所に駐在させるべきかどうかとの質問に対し、今回のパンデミック(世界的大流行)から「学んだ教訓」の一環として、今後、検討されると述べた。

 感染が始まったのは12月1日、中国・武漢だった。・・・

(残り2043文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース